USJFAN.com USJファン
HOMEインフォメーションアトラクションレストランショップとっておきUSJあなたのUSJプランリンク総合掲示板

ランド・オブ・オズ

ランド・オブ・オズの写真

ランド・オブ・オズの地図
ランド・オブ・オズ

子供に人気のエリアが登場

2006年、USJが開園5周年を迎え、パーク初めてのエリアオープン。そこに現れたのは、全く新しい不思議の世界。「オズの魔法使い」の絵本から飛び出したものばかり。見ているだけで心が躍るカラフルなエリアに、さまざまな楽しさがちりばめられています。

案内役は「黄色いレンガの道」。
ゲートから足を踏み入れると、この絵本の表紙は開かれます。「オズの魔法使い」の原作である絵本のページをまるでめくっていくように歩を進めることの出来るエリア。ゲートのそばには、絵本の目次となるような道標。くねくねと続く「黄色いレンガの道」から、このエリアは始まります。

ところで、原作「オズの魔法使い」とは?
おじさんとおばさんに育てられている主人公「ドロシー」。ある日の竜巻で「トト」と一緒に家ごと吹き飛ばされてしまいました。気を失ったドロシーが目覚めると、そこは見たこともない美しい場所「オズの国」の「マンチキンタウン」。カンザスに帰るには、「エメラルドの都」に住む「オズの魔法使い」に頼むしかないと、良い魔女に教えてもらう。

「銀の靴」をはいて、「黄色いレンガの道」を進むドロシーに、次々と仲間が加わります。脳みそが欲しい「カカシ」、ハートが欲しい「ブリキのきこり」、勇気が欲しい「ライオン」。みんな、それぞれ欲しい物をオズの魔法使いにお願いすることに。途中、悪い魔女の妨害を何度もかいくぐり、やっと会えたオズの魔法使いは、みんなの願いを叶えるための条件を出します。

それは、悪い魔女を退治すること。いくつもの困難を乗り越え、偶然、ドロシーがかけた水で、悪い魔女は溶けてしまいました。これで、願いが叶うと大喜びで、オズの魔法使いのところに戻ったみんな。しかし、オズの魔法使いはただの人間でした。それでも何とか約束を果たしてくれと迫るカカシ、ブリキのきこり、ライオン。でも彼らは、この冒険で、本当は脳みそやハートや勇気を持っていることを証明していたのです。あとは自覚するだけ。オズの魔法使いは、頭に詰め物をしたり、手作りのハートを胸に入れたり、緑色の瓶に入った飲み物を飲ませたりして、みんなに自信を付けさせました。

残るはドロシーだけ。オズの魔法使いが持っていた気球を修理して、一緒にカンザスに帰ることになりました。ところが、逃げ出したトトを追いかけている内に、気球は先に出発。仕方なく、もう一人の良い魔女を訪ねると、何と!銀の靴に行きたい場所をお願いすれば、連れて行ってくれるというのです。教えてもらった魔法の言葉を唱えると、突然風が巻き起こりました。気がつくと、トトと一緒にカンザスの草原に。おじさんとおばさんが農場で働いています。とうとうドロシーは、自分の願いを叶えたのです。

マップ

●ビバリーヒルズ ブランジェリー
●ピンクカフェ
●メルズ ドライブイン
●パーク・サイド・グリル
●スタジオ スターズ レストラン
●フィネガンズ バー&グリル
●ルイズ N.Y. ピザ パーラー
●彩道
●KWBB
●ワーフ カフェ
●ザ ドラゴンズ パール
●ロンバーズ ランディング
●フォッシル フュエルズ
●ディスカバリー レストラン
●ロストワールド レストラン
●アミティ ランディング レストラン
●ボードウォーク スナック
●アミティ アイスクリーム
●スヌーピー バックロット カフェ
●マンチキン・キッチン
●カートフード各種
●持参したお弁当は?
ウエスタン・エリアにあるレストラン


Copyright(C) 2001 USJFAN.COM All rights reserved.